• 火星協会

  • 火星協会のこのプロジェクトに多数の国が参加しております
    6-8名での参加となります。
    火星と同様に宇宙服を着ての活動です。


  •  

  • MDRS

  • Mars Desert Research Station


  •  

  • Final Mission Report

  • Crew137としての最終活動レポートは「Final Mission Report」で紹介をしています



  •  

  • NASA

  • MSL(Mars Science Laboratory/Curiosity Rover)


  •  

MDRS 2013-2014 Field Seasonでは「Crew 137」として6名の「Team NIPPON」で参加です。MDRSへ日本隊としてチームを組んで参加するのは、初めてのことです。

下記「Team NIPPON Crew137 Profile」の写真でメンバーを紹介しております

メイン写真


活動レポートを下記「Team NIPPON」のロゴでご覧下さい。


メイン写真


いまや人類は、月面着陸や国際宇宙ステーション建設を成し遂げ、宇宙旅行が現実のものとなっています。宇宙開発先進国間での現時点の有人宇宙探査の最大目標は、人類が火星に降り立ち無事に地球に帰還することです。今の科学技術で実現可能な目標であると火星協会でも考えています。誰が、どこの国が一番乗りをするか興味あるところですが、多分、壮大な国際協力なしには、実現できない大仕事になることでしょう。

そして、100年後、1000年後には火星を拠点として更なる深宇宙へと旅立っていくでしょう。 その時は、今の私たちが考えもつかない科学の進歩が成し遂げられていることと思います。 若者達に夢を託しましょう!

現在、宇宙開発の分野では、アメリカを筆頭にロシア、中国、インド、日本、ヨーロッパのあらゆる国や民間企業が 火星に注目しています。

2018年に実施予定の火星への有人フライバイ計画「Inspiration Mars」があり、現在、参加者募集が行われている「Mars One」計画では、早ければ2016年には貨物が送られ、 2022年には4名の宇宙飛行士が火星向けて出発する予定です。また、NASAは、ハワイで4月から有人火星探査を想定したHI-SEASを4ケ月間の予定で実施しています。

火星協会がアメリカのユタ州の砂漠地帯に建設したMDRSでは、火星で人類が活動するための問題点を抽出し、解決することを目的に毎年12月から5月にかけて研究者のチームを受け入れています。多くの国から参加者が集まり、いろいろユニークな研究を実施しています。 今まで、日本人も数名参加した実績がありますが、日本からチームを組んでの参加は、ありませんでした。
日本火星協会として、来シーズンのMDRS 2013-2014 Field Seasonに、日本隊を派遣したい想いで活動を行い2014年3月1日~3月15日までの期間に「Crew 137」として参加出来る事になりました。

MDRSは、火星に似た地形をしており、風景も火星に似ていて印象深い経験が出来き、そこから、新しい研究の方向性が見出されることも期待できるでしょう。


*ハードワーク、ノーペイ、でも自慢できる体験です。

*参加者は、8月に行われる火星協会のコンベンションに参加資格が得られます。

*研究成果の発表機会や世界中の火星研究者と会うことができます。


メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

ユタ州のMDRSに参加のCrew137(Facebook)より


★体験内容:

1 チーム課題
※「Crew 137」のテーマ:
①火星で調達可能な食品を想定し、その食材を用いて食事管理を行うことで火星ミッションでの食事の効果や影響を研究する。そのベースとして和食中心の食材を使用する
②惑星表面上の高機動力探査のためのロジスティクスおよび生命維持装置の分析
2 各自の課題
3 その他

★滞在期間: 2014年3月1日~3月16日の2週間

★目的地: アメリカ・ユタ州

★参考:
MDRS(Mars Desert Research Station):
http://mdrs.marssociety.org/home
火星協会(The Mars Society):
http://www.marssociety.org/
日本火星協会(Japan Mars Society ):
http://marssociety-japan.org/

★「写真提供:Facebook of Mars Desert Research Station」

★応援メッセージは、日本火星協会「MDRS日本隊応援メッセージ」係迄、メールで御連絡下さい。

★尚、次回の募集は未定ですがご希望が御座いましたら、「お申し込み」からお問い合わせ下さい