• NPO法人・日本火星協会


  • 火星協会の擬似火星探査シュミレーションは、来シーズン第15回目を迎えます。実施期間は、2015年10月から2016年5月の予定です。

    日本火星協会では2013-2014 Field Seasonで火星砂漠研究基地「MDRS(Mars Desert Research Station)」へ日本隊として「Team NIPPON」として6名が参加、無事成果を収める事が出来ました。

    それにより、2014-2015 Field Seasonに於いても「Team NIPPON」を結成する予定でしたが、結果的に2名が別々のチームでの参加となりました。

    2015-2016 Field Seasonでは「Team NIPPON」として成果を残せる為に6名の募集を決定しました。

    日本火星協会の「MDRS」へ日本隊を派遣する趣旨は、こちらをクリックして下さい(PDF)




  • 参加者募集


  • 2015-2016 Field Seasonに「Team NIPPON」として参加を募集中です




  • Team NIPPON Crew137


  • 2013-2014 Field Seasonに関して「Team NIPPON Crew137」で紹介をしています




  • Final Mission Report

  • Crew137としての最終活動レポートは「Final Mission Report」で紹介をしています



  •  

  • 火星協会

  • 火星協会のこのプロジェクトに多数の国が参加しております。
    6-8名での参加となります。
    火星と同様に宇宙服を着ての活動です。

  •  


  • MDRS

  • Mars Desert Research Station


  •  

  • NASA

  • MSL(Mars Science Laboratory/Curiosity Rover)


  •  

メイン写真


2015-16 Field Season(2015.10.24-2016.5.1)の募集が開始されて居ります。 日本火星協会は、Team NIPPONを結成して火星で如何に暮らすかをテーマにMDRSの2015-16 Field Seasonに参加することを提案いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2014-2015 Field Seasonでのメンバー募集は、 「Team NIPPON」として3名、また新たな試みとして「Team NIPPON Hitotabi」として6名の応募をいただきました。しかしながら、残念なことに MDRSへの申し込みが受理されず、結果として2名がCrew144とCrew149に個々に参加する事となりました★

Crew144:村上 祐資(極地建築家)

MDRSでの課題:(火星のいきものをさがそう!)地形や環境から生物のいる場所の探査

メイン写真

Crew144のメンバー紹介と期間

期間:Nov. 29 – Dec. 14.2014

Gregory Leonard, USA(Commander)
Dr. Susan Jewell, USA and UK
Heidi Beemer, USA
Yusuke Murakami, Japan
Antonio de Morais Teles, Brazil
Victor Luo, USA
Juho Vehvilainen, Finland

Crew144のFacebook

村上氏は、MA365の最終候補者です。Crew142、Crew143、Crew144のメンバーの中から6名が選出されます。

選考について:Mars Arctic 365 Mission Finalists to Test at MDRS

MA365とは:火星で生き抜くことを想定した1年間の閉鎖実験です。北極圏にあるFMARSという火星協会の施設を使用して、2015年7月から6名で1年間活動します。

MA365について:Mars Arctic 365 (MA365)



Crew149:長沼 毅(広島大学准教授)

MDRSでの課題:極限環境生物(地衣類)と共生する微生物の調査

メイン写真

Crew149のメンバー紹介と期間

期間:Feb. 7 – Feb. 22.2015

Paul Bakken(Commander)
Ken Sullivan (XO & Crew Engineer)
Pamela Nicoletatos (Crew Geologist & GreenHab Officer)
Kellie Gerardi (Public Affairs Officer)
Elena Miscodan (Health & Safety Officer)
Takeshi Naganuma, Japan( Microbiologist)
Ann-Sofie Schreurs (Crew Biologist & GreenHab Officer)

Crew149のFacebook


・・・お詫び・・・

今シーズンのMDRSは、募集受付後にローテーションの変更が行われたりして、MDRS自体が 混乱していたのとこちらの新しい申込形態が十分理解されなかったのが原因と思われます。 日本火星協会としてMDRSへ再三問い合わせを行いましたが、明確な説明は頂けませんでした。 この間、単独での申し込みについても模索しましたが、結果として2名のみとなりました。 応募していただいた方々及び関係者の方々にご迷惑をお掛けすることとなりましたことをお詫び申し上げます。 また、今回の経験を無駄にせず、次年度へと繋げてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

・・・Hitotabiについて:株式会社ひとたび・・・

Hitotabiと聞いてピンと来る人は、かなりのアドベンチャーだと思います。 「この人と旅をする」をコンセプトにコアな企画を次々と生み出している南雲さん主催の旅行会社です。 今回は、「研究者でなくてもMDRSを経験したい」と言う勇敢な人たちが村上祐資さんを中心として6名 集まりました。MDRSが始まって以来のユニークな活動を目指していましたので、参加できず残念です。


★二人への応援メッセージは、日本火星協会「MDRS日本隊応援メッセージ」係迄、メールで御連絡下さい。



メイン写真

20xx年、人類は火星に立つ



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


アメリカのユタ州にある火星砂漠研究基地「MDRS(Mars Desert Research Station)」では、2001年から擬似火星探査実験が実施されており、毎年12月から5月まで約6名が1チームを組んで2週間、それぞれのテーマに沿った活動を行っています。


2013-2014 Field SeasonでCrew137の活動ビデオです




メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

MDRS「Crew137」の岡本氏より


★目的:
今後、火星への有人飛行が現実化する中で問題となるのは、ロケット等はもちろんのこと最低でも2年~3年掛 かる長期ミッションに如何に対応するかが主要なテーマとなっています。課題として以下のことに対応しなくてはなりません。また、現地調達できるものを如何に増やすかが、有人火星探査の成功の鍵となります。 *低重力、宇宙線、居住空間・設備、食料・水・空気の調達、宇宙服、火星での探査及び移動手段(ローバー、与圧探査車、飛行機、建設・土木機械、無人探査機)、位置情報の把握、燃料・電力、医療・精神的ケア等。   ユタ州のMDRSで擬似火星環境を体験することで長期のミッションに適応するための条件を抽出することを目的とします。得られた成果は、将来の火星探査に活かされるだけではなく、広く人間理解のために役立ち、地球での暮らしの快適化へ応用されることが期待できます。


★MDRS日本隊の構成(案):
・コマンダー(隊長)
・エンジニア(ローバー等)
・ミッションスペシャリスト(科学分野専門家)4人(さまざまな科学研究活動を支援します。)


★研究テーマの例:
Crew137:「APPLICATION OF DISASTER FOOD TO MARS COOKING」「HYGIENE CONTROL」
「HABITATION AND LOGISTICS」「MOBILITY EXPLORATION ON MARS SURFACE」


★体験内容:
①ハブ、グリーンハウス、ローバーの管理運用を行い次のチームに引き継ぐ必要があります
②ルーティンでの活動と日報の作成そして最終的にレポートの提出が義務付けられています
③実際の火星探査の作業を行う中で、各自の研究テーマを実施したり、研究課題を抽出することが出来ます
④毎年8月に行われる火星協会の年会に出席する権利が得られます


★基本費用 合計 約30万円(為替変動により変更されます):
①交通費 往復で約16万円:   日本→飛行機→グランドジャンクション(コロラド)→レンタカー→MDRS
②滞在費 約14万円:   MDRS使用料、食事代


★資格:
簡単な英会話能力(コミュニケーションのため)
英語の読み書き能力(アンケートやレポートを書くため)


★お問い合わせは、日本火星協会 安濃まで:
e-mail:japanmarssociety@mail.goo.ne.jp
サイト名:火星砂漠研究基地(MDRS)
URL:http://mdrs1.sakura.ne.jp/

★滞在期間: 2014年12月~2015年5月の期間で未定(2週間現地滞在)

★目的地: アメリカ・ユタ州

★参考:
MDRS(Mars Desert Research Station):
http://mdrs.marssociety.org/home
火星協会(The Mars Society):
http://www.marssociety.org/
日本火星協会(Japan Mars Society ):
http://marssociety-japan.org/

★「写真提供:Facebook of Mars Desert Research Station」

★応援メッセージは、日本火星協会「MDRS日本隊応援メッセージ」係迄、メールで御連絡下さい。