「MDRS訪問メモ」 by 宮嶋宏行


2013年9月28日(土)


1.グランドジャンクションについて

・かなり景色のよい素敵な街である。

・火星協会のインストラクションにあるMesa Mallは巨大モールで大型ショッピングセンター6つと、専門店がある複合施設です。日本で買い忘れたものがあってもここで購入できると思います。特にアウトドアー系の品ぞろえが豊富です。

・装備品は現地で購入も可能。このMallには食料品はほとんど売っていない。

・日本食TERIYAKI EXPRESSもあり。


2.ベストウエスタンホテルについて

・空港、ハイウエーの出入口に近く車で移動するには便利な位置である。

・上階の歩く音、水道の音がうるさい、防音面で施設に問題あり。寝不足になる可能性あり。


3.ハンクスビル、MDRSについて

・グランドジャンクションからハンクスビルまでは砂漠の中を170マイル(273km)ぐらい走るので、かなり遠く感じる。ガイドにある通り、休憩なしで2時間半というのは妥当な移動時間です。途中トイレ休憩ができる場所は数か所あり。

・集合場所、補給基地となっているHOLLOW MOUNTAINは名前の通り、岩石の中に作られた店舗で、町の入り口にある。日本のコンビニみたいな品揃えです。トイレ休憩など最後の休憩場所でしょう。ここでMDRSの入り口を教えてもらいました。日本隊としても物資の一時貯蔵地点として利用できる可能性あり。

メイン写真

・町中でも携帯電話は通じない可能性あり。現地ではAT&T携帯電話の電波を拾えませんでした。

・HW24の113 mileポストをちょっと過ぎた入り口を入っていきます。ここからが大変でした。思っていたよりも地形が険しく、荒地の走行が5マイルぐらい続きます。雨が降ると移動が困難になるようです(物資補給担当者談)。4輪駆動車のオフロードタイプの車でないと入ってはいけないエリアでした。道らしい道ではないので水等の補給は本当に大変だと思いました。

・谷を下り5マイルぐらい進んだあたりで、道らしいものが二手に分かれる場所がある。左に行くとMDRSがあります。施設は山陰にあるので、よく見ていないと通り過ぎてしまいます。

メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

・ATVはYAMAHA, HONDA製の2種類

・ネットには、The Musk Observatoryまでトンネルを作ると書いてありましたが、その構築途中の様子がわかりました。寒さ対策のかなり簡易的なトンネルです。

・施錠されておりMDRSの中は見学できず。(担当者との連絡不足のため)

メイン写真

メイン写真

メイン写真

4.その他

今回ATV用の地図を作成するボランティア募集に応募してMDRSを訪問しました。MDRSディレクターのシャノンさんに事前に連絡を取って向かったのですが、現地で携帯電話が使えないということに気が付き、結局連絡が取れませんでした。グランドジャンクションのホテルに戻り、シャノンさんのメールを確認して、その日の夕方から、世界宇宙週間向けの居住準備が始まったことを知りました。


シャノンさんとは行き違いになったようで、一人で自分の研究用に調査を行ってから現地を離れました。


私が今滞在している研究室には、過去にMDRSにエンジニアとして滞在している方がいるので、その方からも情報を収集中です。