MDRS・Crew 137のレポート


2014年3月1日(土)---2014年3月16日(日)


メイン写真


★ Final Mission Report
★ Crew Photos
★ 日本火星協会MDRSグループ
★ MDRS Crew Reports

メイン写真



★Video Report


Crew137 1



■宮嶋 宏行

【CommanderとしてTeam NIPPONをまとめ2週間のミッションを遂行する】

『研究テーマ:惑星表面上の高機動力探査のためのロジスティクスおよび生命維持装置の分析』


■岡本 渉

【Crew Engineerとしてローバー、通信、ネット関連の稼動とメンテナンスを行う。ビデオ作成担当】

『研究テーマ:野外活動等宮嶋先生の補佐』


■諸島 玲治

【Crew EngineerとしてHabやGreenhabのメンテナンス作業を行う】

『研究テーマ:ECLSS(Environmental Control and Life Support System: 環境制御生命維持システム)研究において開発中の物質循環制御システム研究開発用シミュレータ「SICLE」に必要な基礎データ取得、及び検証の観点からMDRSシステムの評価検討を行う』


■片山 直美

【Journalistとして毎日のTeam NIPPONのニュースを発信する】

『研究テーマ:火星で調達可能な食品を想定し、その食材を用いて食事管理を行うことで火星ミッションでの食事の効果や影響を研究する。そのベースとして和食中心の食材を使用する』


■河合 美佳

【HSOとしてCrewの健康管理及びHabの衛生管理を行う】

『研究テーマ:食事関連で片山先生を補佐』


■高瀬 芳美

【Greenhabで食料自給のシュミレーションを実施する】

『研究テーマ:食事関連で片山先生を補佐』




MDRS Crew 137 Issues Final Mission Report

メイン写真


2014年3月14日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

Who do you want to travel into deep space with?

Someone asked the speaker at an international conference for space a few years ago.

I agree with the Inspiration Mars project that proposed the crew plan consisting of one man and one woman for their mission.

Finally, I concluded that our two-week habitation experiment conducted by the crew consisting of three men and three women was very successful.

Our team functioned well to complete this mission because the crew members who were studying food and nutrients concentrated on the housekeeping and food studies, and the professional researchers could concentrate on their work and keep the mission going.

We functioned like a real family during the mission.

あなたは、誰と深宇宙へ旅行したいですか?

ある人が数年前に宇宙関係の国際会議でスピーカーに訊ねました。

私は、それらのミッションのため1人の男性および1人の女性から成る乗組員計画を提案したインスピレーション・マーズ・プロジェクトに賛成します。

私は、3人の男性および3人の女性から成るCrewによって行なわれた私たちの2週間の居住実験が非常に成功したと最終結論を下しました。

家事と食物研究に集中した食物栄養学を研究しているCrewメンバーと他の専門研究者が、彼らの活動に専念することが出来、使命を継続させることができたので、私たちのチームはこの使命を終えるためによく機能しました。

私たちはミッション中、実際の家族のようでした。

メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

Page Top


2014年3月13日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

Only one day remains for our simulation at MDRS. Our daily life is supported by housekeeping members who are studying and doing research about food science and nutrition in Japan. They always get up at 5:40. When I get up at 6:30, our breakfast has already been prepared. After the daily health checkup they prepare, we always have breakfast together. While we conducted EVA, they cleaned floors and the kitchen and measured the cleanliness for their study. They also served us each meal designed by their advisor every day.

Our research at MDRS has been supported by these two students. They enjoyed the daily life and two EVAs at MDRS. We will complete our research tomorrow.

わずか1日はMDRSで私たちのシミュレーションは、残りわずか1日となりました。私たちの毎日の生活は、日本で食品科学と栄養学に関する研究と調査を行っている、家政学のメンバーに支援されています。彼女らは、常に5:40に起きます。私が6:30に起きると、私たちの朝食は既に準備されています。彼女らが用意した毎日の健康診査の後、私たちは常に朝食を一緒に食べます。私たちがEVAを行う一方、彼女らは、床とキッチンを清潔にし、研究のため清潔さを測定しました。さらに、彼女らは、毎日、それらのアドバイザーによって設計されている各食事を私たちに配りました。

MDRSの私たちの研究はこの2人の学生たちに支援されました。彼女らはMDRSで毎日の生活および2回のEVAを楽しみました。私たちは、明日研究を終えるでしょう。

メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

Page Top


2014年3月12日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

We are listening to classical music which is provided at MDRS every day when we have breakfast, lunch, and dinner. We used classical music and jazz to make our crew video. I got up at 6:30 and had breakfast with crew members at 7:30 this morning.

One of the scientists is studying insect foods such as silk worms, bee larvae, locusts, and stonefly larvae boiled in soy sauce for protein supply on Mars. It is easy to increase the number of insects and it doesn't require a large volume to cultivate per mass of nutrients compared to cows and pigs. She served the insect foods for our breakfast a few days ago.

Only two days remain for our simulation at MDRS. Our three crew members conducted the last EVA near the canyon near MDRS. I will wrap up the EVA parameters and constraints for mobility exploration on Mars surface. I think we can also apply the results for unmanned surface exploration though we conducted the simulations for manned surface exploration.

We had delicious noodles for lunch at the Hab after the EVA today.

私たちは、毎日朝食、ランチおよび夕食を食べる時にMDRSで提供されるクラシック音楽を聞いています。私たちは、乗組員ビデオを作るためにクラシック音楽とジャズを使用しました。今朝、私は、6:30に起きて、7:30にCrewと朝食を食べました。

科学者のうちの一人は、カイコ、ハチ幼虫、イナゴ、およびカワゲラ幼虫を醤油で煮たものを火星でのタンパク質供給用として昆虫食糧を研究しています。昆虫は数を増加させるのが簡単です。また、それは、雌牛とブタと比較して、食物の量当りに必要とされる場所を多く必要とはしません。彼女は数日前に私たちの朝食のために昆虫食糧を出しました。

MDRSで私たちのシミュレーションのために残された時間は、2日間のみとなります。私たちの3人の乗組員は、MDRSの近くの峡谷の近くで最後のEVAを行いました。私は、火星の表面上の可動性調査用のEVAパラメーターおよび制約を纏めるでしょう。私は、私たちが地表探査のシミュレーションを行いましたが、無人地表探査の結果をも利用することができると思います。

今日、EVAの後にハブでランチとして私たちは、美味し~い!!ヌードルを食べました。

メイン写真

メイン写真

メイン写真

Page Top


2014年3月11日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

It was very windy last night. The Hab was battered by the wind all night. During the day, it was sunny and calm today. Four crew members went to the hill near the Hab for their second EVA.

I completed uploading our crew video this morning. In addition, I submitted my conference paper regarding the Inspiration Mars mission yesterday, on that deadline. I began to sum up our research at MDRS for our final report today. We collected data about the cooking and food, hygiene control, health management, water consumption, logistics, habitation facility, and navigation for long range EVA on Mars.

Our habitation experiment at MDRS was reported on the newspaper in Japan, on March 11.

昨夜は非常に風が強かった。Habは一晩中風によって乱打されました。今日は、よく晴れて穏やかでした。4人の乗組員が彼らの2回目のEVAのためHabの近くの丘へ行きました。

私は、今朝私たちのCrewビデオをアップロードしました。さらに、私は、昨日(締切り)、「the Inspiration Mars mission」に関する会議レポートを提出しました。私は今日、私たちの最終報告用のMDRSでの私たちの研究を要約し始めました。私たちは、料理および食物、衛生コントロール、健康管理、使用水量、ロジスティクス、居住設備、および火星での長距離の範囲のEVAのための航行に関するデータを集めました。

私たちのMDRSの居住実験は、3月11日に日本の新聞紙上で報告されました。

メイン写真

Page Top


2014年3月10日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

Our second week began today. I got up at 6:30 am. We came from a place that had a different local time. So although I was jet lagging at first, now my sleep is getting deeper and deeper. We take health checks such as weight, blood pressure, and body temperature every morning. Furthermore, we took the second tests of smell and gustatory after breakfast. We took the same tests before this mission. The results of all crew members today were considered normal. Our health conditions are getting better and better.

Three crew members conducted the third EVA using ATV. We went to the eastern valley of MDRS and checked the navigation method inside the canyon. Three crew members tried another hygiene control method using the liquid sodium hypochlorite produced by the portable production system.

We will be able to upload our crew video tonight. We have to wrap up our research at MDRS by this Friday.

我々の第2週目が今日始まった。私は午前6:30に起きた。我々は、時差のある場所から来た。したがって、私は初めはジェットラグだったが、今は、私の睡眠はますます深くなっている。我々は、毎朝、体重、血圧および体温のような健康チェックをしている。更に、我々は、第2のテストとして朝食の後に味覚と匂いのテストを行った。我々は、このミッションに入る前に同じテストを行っている。 今日、全Crewの結果は、正常である。 我々の健康状態はますますよくなっている。

3人のCrewがATVを使用して、3番目のEVAを行った。私たちは、MDRSの東部谷へ行き、峡谷の内部の航行方法をチェックした。 ハブに留まった3人のCrewが、ポータブル・プロダクション・システムによって生産された液体の次亜塩素酸ナトリウムを使用して、別の衛生コントロール方法を試みた。

我々は今夜乗組員ビデオをアップロードすることができるだろう。我々はこの金曜日までにMDRSで研究を終えなければなりません。

メイン写真

Page Top


2014年3月9日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

It was sunny today. We conducted individual research such as space food, hygiene control, logistics analysis for habitation, high mobility exploration technology on planetary surface, and space architecture. An engineer tried to encode the streaming for our crew video, but he wasn't able to complete it due to the lack of his computer performance.

I analyzed the EVA tracking data recorded by my smart phone and summarized the path, ATV driving and walking speed, and altitude. Based on the past experience on EVA activities, I found some challenges remain regarding mobility explorations to go through the canyon and reach the goal over the canyon. We will conduct an EVA to reach the PINTO PK the path for which was provided by the past explorers tomorrow.

During this weekend, we might have lacked enough exercise. We have to think how to keep our physical strength on the red planet.

今日はよく晴れた日だった。私たちは、宇宙食、衛生コントロール、居住のためのロジスティクス分析、惑星の表面上の高移動性調査技術および宇宙建築等の個々の研究を行ないました。エンジニアは、私たちの乗組員ビデオ用のストリーミングをコード化しようとしました。しかし、彼はコンピューターの性能の不足によりそれを完成することができませんでした。

私は、私のスマートフォンによって記録されたEVAトラッキング・データを分析し、ATVのドライブと徒歩による経路と高度を要約しました。 EVA活動に関する過去の経験に基づいて、私は、いくつかの挑戦が残されていることを発見しました。それは、峡谷を通り抜けて、そして峡谷を越えた先のゴールに達する機動的調査に関することです。私たちは、明日PINTO PKに達するためのEVAを行うでしょう。その経路は、以前の調査者によって提供されました。

週末、私たちは十分な活動を欠いたかもしれません。私たちは、赤い惑星上で私たちの体力を如何に保つかを考えなければなりません。

メイン写真

Page Top


2014年3月8日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

We had a relaxing day today as we stayed at MDRS all day and prepared our crew video.

After I arrived at MDRS, I introduced this simulation to my friends and advisers. I would like to show the crew video for those people. One of them asked me last night how to control our weights. He engaged in habitation experiments at the Closed Ecology Experiment Facilities.

During the experiments, twenty-three crops were cultivated, two humans lived in the habitation room and two goats were raised. Most of the materials such as carbon dioxide, waste water and waste solids were recycled in the closed system, so as a result 95% of the food was supplied from the crops. In the experiment, the weights of the two crew members decreased day by day. Now, our weights are controlled by the dietitian depending on our activities. We measure the weight every morning and my weight has remained unchanged for one week.

Last night, we had dinner with lettuce which was the first harvest on Mars this year.

本日は、MDRSに一日中とどまり、乗組員ビデオを準備するなどして、私たちは一日リラックスした日を過ごしました。

私は、MDRSに到着した後、このシミュレーションを友達とアドバイザーに紹介しました。 私は、その人々たちのための乗組員ビデオを示したい。彼らのうちの1人は、私たちの体重をコントロールする方法について、昨夜私に尋ねました。彼は閉鎖型生態系実験施設で居住実験に従事しました。

その実験中に、23の作物が栽培されました。2人の人間が居住室に住んでいました。また、2頭のヤギが飼育さられました。 二酸化炭素、廃水および不用の固体のような物質の大部分は、クローズドシステムの中で再利用されました。したがって、その結果、食品の95%は作物から供給されました。実験では、2人のCrewの体重は日ごとに減少しました。 現在、私たちの体重は、私たちの活動に基づいて栄養士によってコントロールされています。私たちは毎朝体重を測定します。また、私の体重は1週間変わりませんでした。

昨夜、私たちは、今年、火星で最初に収穫されたレタスを添えた夕食を食べました。

メイン写真

Page Top


2014年3月7日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

It has been sunny since we arrived at MDRS, but it rained last night and was cloudy today. Although we were worried about the ground surface condition and the weather, we were still able to conduct the long range EVA to go through deep valley and reach the north creek. Our water manager is good at managing and supplying water. She taught us to take a shower using a kitchen bowl with a little water. We can always take a shower after the EVA.

Before the EVA, some of the members went to a staging base for logistics supply near MDRS to get waste management bags and traps for space mice by the spaceship equipped in the Hab. Some space mice have eaten our crops which the past crews had been cultivating. We ate delicious Chinese soup cooked with the leaves that remained and were harvested today. This is the first harvest on Mars in this season. The following crews will be able to eat fresh vegetables if we can get rid of the mice.

私たちがMDRSに到着して以来、天気が良かったですが、昨夜雨が降り、今日は曇りでした。 地表面の条件および天候を心配しましたが、私たちは、深い谷を通り抜けて、かつ北のクリークに到着する長い範囲のEVAを行うことができました。 私たちの水マネージャーは、水の管理および供給が上手です。 彼女は、わずかな水を備えたキッチン・ボウルを使用して、シャワーを浴びることを私たちに教えました。 私たちは、EVAの後にシャワーを常に浴びることができます。

EVAの前に、ハブ内で装備をされた宇宙船で宇宙ハツカネズミのために廃棄物管理バッグおよびわなを得に、メンバーのうちの数名がMDRSの近くのロジスティクス供給用の中継基地へ行きました。 何匹かの宇宙ハツカネズミは、過去の乗組員が栽培していた私たちの作物を食べました。 私たちは、今日残されていた葉を収穫してその葉で料理されたおいしい中華スープを飲みました。 これは今シーズンの火星での最初の収穫です。 私たちがハツカネズミを取り除くことができれば、次の乗組員は生野菜を食べることができるでしょう。

メイン写真

Page Top


2014年3月5日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

The commander room’s window gives me an amazing starry sky every night. I have been watching the stars until midnight, so that may be causing me to lack sleep. When I get a medical check by Health and Safety Officer (HSO) every morning, my blood pressure is rising day by day. I need to sleep more.

On Crew 137, all meals are managed and designed by our nutritionist considering the evaluation of sensory test interviewed and amount of activities counted by equipment. We have to answer a lot of questions consisting of taste, smell, visual, and amount, for all foods in the three meals every day. Our daily photos will show the three daily meals.

After exercise using a bungee rope, we conducted our individual research without an EVA in the Hab. I proofread my research paper regarding the Mars transit habitat module design. An engineer prepared a crew video we have to submit this weekend. The other engineer measured the dimensions of this Hab and drew the drawing. The nutritionist and her students prepared our three meals and collected the data about hygiene control and water consumption regarding the cooking and our daily life.

We will begin our first EVA using ATVs tomorrow.

Commander室の窓からの眺めは、毎晩、私に驚くべき星空を与えます。 私は真夜中まで星を見ています。その結果、私は睡眠を欠かせているかもしれません。 私が毎朝、健康および安全管理者(HSO)による健康診断を受けますが、私の血圧は日ごとに上昇しています。私はもっと眠る必要があります。

クルー137においては、全ての食事が、インタビューを受けた官能テストの評価、および機器によって測定された活動量を考慮して私たちの栄養学者によって管理され設計されています。私たちは、毎日3食ごとに味、におい、見た目そして量から成る多くの質問に答えなければなりません。私たちの毎日の写真は3つの毎日の食を示すでしょう。

バンジー・ロープを使用した体操の後、ハブの中でEVAなしで私たちは、個々の研究を行ないました。私は、火星へ行く居住モジュールの設計に関する私の研究報告を校正しました。 1人のエンジニアは、私たちが今週末提出しなければならない乗組員ビデオを準備しました。 別のエンジニアは、このハブの大きさを測定し、図面を引きました。 栄養学者と彼女の学生たちは、私たちの3食を準備し、料理および私たちの毎日の生活に関する、衛生コントロールおよび使用水量に関するデータを集めました。

私たちは明日ATV(全地形対応車)を使用した最初のEVAを始めるでしょう。

メイン写真

メイン写真

メイン写真

Page Top


2014年3月4日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

I got up at 4 am when a crew member went to bathroom. I made a petty rule that no one could use water including the bathroom usage while sleeping before we started this mission because the water usage causes a loud sound and makes other crew members wake up. But, I broke the rule as the commander today because I found some women crew member was holding back to go to bathroom. It is not good to control ourselves to go to bathroom.

After breakfast, four crew members conducted the second EVA and I was a HabCom. I had a crew member equip my EVA tracking system which can record the path, distance, time, altitude, and walking speed. I analyzed the data after she came back to the Hab.

I am interested in habitation in space, life support and logistics in space, and high mobility exploration on a planetary surface. I analyzed the life support and logistics in the International Space Station (ISS) and designed the habitat module for The Mars Society's Inspiration Mars International Student Design Competition as the technical adviser for our joint Japan and US student team.

We are studying our water usage for Mars life and trying to keep clean in the Hab by using the Japanese traditional sweeping method, such as a used tea leaves way, which doesn’t use water. In addition, they try to cook our meals using only a little water. Our daily photos will show the three meals every day.

Mission Goals:

Team Nippon (Japan) set our three mission goals based on the Mars Society’s 3S (Safety, Simulation, and Science). We will do our best to complete our mission safely without any injures and sicknesses. We will simulate the life and exploration on Mars. +First, we will apply the cooking method designed by using only a little water, which was developed for foods after a disaster, to Mars cooking while keeping the hygiene control and our health, and minimum waste.+Second, we will study and design for Mars habitat facility based on the past habitable volume and human factor studies. +Third, we will study the parameter for high mobility exploration on a planetary surface using the EVA equipment at MDRS.

For science, we will measure the ATP of the utensil and kitchen facilities and confirm the result of traditional Japanese hygiene control method.

We would like to achieve these goals after two weeks.

私は午前4時に起きました。その時間に乗組員がバスルームへ行ったからです。 私は、ハブ内では、水の使用が大きな音を引き起こし、寝ている他の乗組員を起こすので、私たちがこのミッションを始める前に、睡眠中は、バスルームを含む水を使用することをしないという小さな規則を作りました。 しかし、バスルームへ行くのを我慢する何人かの女性Crewに気が付いたので、私は今日、Commanderとしてこの規則を破棄しました。 バスルームへ行くために自制することはよくありません。

朝食の後、4人の乗組員が第2番目のEVAに行き、私はHabComでした。 私は、1人のCrewに、経路、距離、時間、高度および歩行速度を記録することができるEVAトラッキング・システムを装備をさせました。 彼女がハブに戻った後、私はデータを分析しました。

私は、スペース、生命維持装置およびスペースのロジスティクスの居住および惑星の表面上の高移動性調査に興味を持っています。 私は、国際宇宙ステーション(ISS)中の生命維持装置およびロジスティクスを分析し、私たちの日本および米国学生合同チームの技術顧問として「The Mars Society's Inspiration Mars International Student Design Competition」用の居住モジュールを設計しました。

私たちは、火星の生活のための水使用法を研究しており、茶殻を使う日本の伝統的な掃除方法によりHabを清潔に保とうとしています。(それは水を使用しません。) さらに、彼女たちは、わずかな水だけを使用して、私たちの食事を料理しようと試みています。私たちは、毎日3食の写真を掲載します。

ミッション・ゴール:

Team Nippon(日本)は、火星協会の3S(安全性、シミュレーションおよびサイエンス)に基づいた私たちの3つのミッション・ゴールを設定しました。 私たちは、ケガや病気なしでミッションを安全に終えるために最善を尽くすでしょう。 私たちは、火星での生活および調査をシミュレートするでしょう。 +1、私たちは、衛生コントロールおよび私たちの健康を維持し、最小の廃棄物で火星での料理をするために、災害後の食糧のために開発されていた水をほんの少し使用するように設計された調理法を適用するでしょう。 +2、私たちは、過去の住むのに適した広さおよび人為的要因研究に基づいた火星居住設備について調査し設計するでしょう。 +3、私たちは、MDRSでEVA設備を使用して、惑星表面上の高移動性調査のためのパラメーターを研究するでしょう。

科学については、私たちは、器具とキッチンの設備のATPを測定し、従来の日本の衛生コントロール方法の結果を確認するでしょう。

私たちは2週後にこれらのゴールを達成したい。

メイン写真

メイン写真

メイン写真

Page Top


2014年3月3日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート

Last night, I set the temperature of the heater at 18 degree Celsius so that crew members could sleep well in upper-type bed room. They were able to sleep very well.

After the breakfast, two crew engineers repaired some space back packs for our afternoon EVA. Then we conducted our first EVA on foot. Four crew members walked to hill located approximately 1 km from MDRS. This was the first EVA for three crew members except me. We enjoyed the short trip to get to the eastern hill that we can see from our hab window.

During the EVA, two crew members stayed at MDRS and cleaned the floor in the Hab for hygiene control by using Japanese traditional methods.

昨夜、乗組員が上部の版盤の部屋でよく眠ることができるように、私は、18℃でヒーターの温度をセットしました。皆さんよく眠ることができたようです。

朝食の後、午後のEVAのために2人のCrewエンジニアが宇宙服のバックパックを修理しました。その後、4人のCrewが徒歩でCrew137として最初のEVAを行いました。今回は、私以外の3人のCrewにとって最初のEVAとなります。 MDRSからおよそ1kmの距離を歩き、私たちは、ハブの窓から見える東部の丘への短い旅行を楽しみました。

4CrewのEVA中に、他の2CrewがMDRSにとどまり、日本の伝統的方法により衛生コントロール用のためハブ内の床を清潔にしました。

メイン写真

メイン写真

メイン写真

Page Top


2014年3月2日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート


I slept very well and got up at 6 am. This is the second time I've come to MDRS, the first time was as a crew engineer on Crew 132. I found it is more comfortable to sleep in the commander room than in the upper-type bed room that I stayed in before. It was too warm for three crew members in the upper-type bed room to sleep well because the sleeping area is likely to become warmer in the upper-type bed room.

At 7 am we had a breakfast designed by using only a little water to cook, which was developed for foods after a disaster. At 10 am we had a meeting to discuss the two-week plan and each role for this rotation.

After the meeting, the crew engineer made the plans for our future EVA based on the past EVA reports and made a list to report the malfunctions and improvements. The GreenHab officer watered the plants and checked and kept the environment. The food scientists checked the adenosine triphosphate (ATP) regarding cooking utensils and facilities and found the value wasn’t acceptable. They cleaned them using alcohol immediately. We will begin our simulations regarding space food and an EVA.

In the morning meeting, we confirmed that our roles are as follows.

Hiroyuki Miyajima, Commander

Naomi Katayama, XO, Crew Scientist, Crew Journalist

Wataru Okamoto, Crew Engineer for Logistics

Reiji Moroshima, Crew Engineer for an EVA

Mika Kawai, HSO

Yoshimi Takase, GreenHab Officer

私は非常によく眠り、午前6時に起きました。 これが私がMDRSに来た2回目です。最初はクルー132の乗組員エンジニアとしてでした。私は、私が以前にとどまった上部の版盤の室より指揮者室で眠るほうが快適であることを知りました。眠っているエリアが上段ベッドの部屋の場合下段ベッドの部屋より暖かいかもしれないので、上段ベッドの部屋の3人のCrewには暖かすぎたので、よく眠ることができなかったことがわかりました。

午前7時に、私たちは、料理するために水をほんの少し使用するよう設計された朝食をとりました。それは災害の後に食糧のために開発されたものです。午前10時に、私たちは、2週間の計画およびこの期間中の各役割について議論するために打合せをしました。

その後、Crewエンジニアは、過去のEVA報告書に基づいた私たちの将来のEVAの計画を作り、不調と改良を報告するためのリストを作りました。GreenHabオフィサーはプラントに給水し、環境をチェックし、維持しました。 食品科学者は料理器具と設備に関してアデノシン三リン酸(ATP)をチェックし、値が受理可能ではないことを知りました。食品化学者たちは、アルコールを使用して、直ちにそれらを清潔にしました。私たちは、宇宙食とEVAに関するシミュレーションを始めるでしょう。

下記が各人の役割です。

Hiroyuki Miyajima, Commander

Naomi Katayama, XO, Crew Scientist, Crew Journalist

Wataru Okamoto, Crew Engineer for Logistics

Reiji Moroshima, Crew Engineer for an EVA

Mika Kawai, HSO

Yoshimi Takase, GreenHab Officer

メイン写真

メイン写真

Page Top


2014年3月1日


Commanderの宮嶋 宏行によるレポート


Mars Desert Research Station (MDRS) Crew 137 (Team Nippon) arrived in Hanksville, Utah at 12:00 noon today and met with members of Crew 136, who were planning their departure. Chuck Killian, CapCom Coordinator, was also staying at the Hab. He gave us one hour briefing regarding the MDRS operations.

After the briefing, Crew 136 members briefed us on every crew member’s individual duties and instructions on the equipment. We then began our duties, collected the required data and started to submit reports. After dinner, we will discuss our mission goal and make the plan for our regular activities.


火星砂漠研究所(MDRS)Crew137(Team NIPPON)は、今日の12:00正午にユタ州、Hanksvilleに着きました。そして、Crew136のメンバーに会った。彼らは、出発を計画していました。 Chuck Killian(CapCom Coordinator)は、さらにハブにとどまっていました。彼は、私たちにMDRSオペレーションに関する1時間の説明をしてくれました。

その後に、Crew136のメンバーがCrewとして働く、個々の義務および設備についての指示について私たちに説明しました。 その後、私たちは自分の任務を開始、必要なデータを集めて、報告書を提出することを始めました。 夕食の後、私たちはMISSIONゴールについて議論し、通常の活動計画を作るでしょう


メイン写真

メイン写真

メイン写真

メイン写真

Page Top